妊娠超初期症状とPMS

妊娠超初期症状PMSとよく似ていると言われますね。

PMSというのは月経前症候群と呼ばれています。

月経前症候群は排卵してから生理が始まるまでに起こる症状のことです。

症状としては頭痛、下痢、便秘、ニキビ、むくみ、肩こり、腰痛、胸の張り、眠気疲労感などです。

また、イライラしたり過食、憂鬱感、無気力、集中力低下といった心理的な症状として現れることもあります。

妊娠超初期症状とPMSとの決定的な違いはPMSは生理が始まると治ってしまうのに対し妊娠超初期症状では生理が始まらずにこの症状が続くことです。

基礎体温をつけている場合は通常は高温期から低温期になるのに高温期のまま続いていたらこれは妊娠超初期症状である可能性が高くなります。

だいたい16日以上高温期が続くと妊娠の可能性が高いです。

もうちょっと待って妊娠検査薬でチェックするといいですよ!


>>「こんにちは赤ちゃんへの20のヒント」


妊娠超初期症状には

妊娠の超初期症状は人によって違うようです。

いろいろ調べてみても生理予定日までなんの変化もなかった人もいれば、下腹部の痛みや胸のハリ、便秘、頭痛、乳首の痛み、寝汗などがある人もいます。

妊娠の超初期症状はPMSと似ているところもあるのでビミョーなんですよね。

とはいえ、妊娠している可能性もあるので覚えがあってそんな症状がある場合はお酒とかたばこは控えたほうがいいですよね。

それから風邪薬痛みどめなども控えたほうがよさそうです。

卵子は受精してから子宮に着床するまで約1週間かかるそうで、着床してからhCGというホルモンが出るので超初期症状が出るにしてもそれ以降ということになります。

もう少し待って生理予定日の1週間後ぐらいに妊娠検査薬で検査してみるといいでしょうね!




その他サイトも参考に

妊娠初期の流産回避方法
プラノバールの効果

妊娠超初期症状での胃痛・頭痛

妊娠超初期症状では胃痛頭痛が出る人もいますね。

喉のつまり感吐き気のほかにゲップがよく出るなんて人もいます。

また下痢になる人もいます。

妊娠すると微熱が出る人もいるそうですが、高熱の場合は風邪の可能性があると言えます。

PMSの症状とよく似ているのでこれだけで妊娠と判断するのは時期尚早です。

排卵日の8日頃から妊娠超初期症状を自覚するひとが多いですね。
というのも受精卵が着床してホルモンを出し始めるのがこの時期だからです。

痛み止めなどの薬は原則として使わないほうがいいのですが、どうしてもというときはお医者さんに相談してから飲むのがベストです。


その他参考サイトはこちら

DHEAと不妊治療


妊娠超初期症状と基礎体温

基礎体温をつけている人は排卵日を特定して妊娠したい人ですよね。

だから、仲良ししたら妊娠しているかどうかとても気になるもの

でも、妊娠検査薬は生理予定日からさらに1週間後が検査最適日だからかなり先ですよね!

みんなフライングで検査して
「どうかな〜」
なんてやっていますね。

妊娠超初期症状としては胸がはる、下腹部が痛かったり違和感があるとか頭痛とかいろいろあるそうですが、人によっては全く妊娠超初期症状が出ない人だっています。

ただ、基礎体温を測り続けていると体温が高いまま続くようだと妊娠している可能性がありますよ。

だいたい生理日の前頃から基礎体温は下がり始めるのですが、受精卵が着床してhCGホルモンが分泌されると基礎体温が高いまま推移します。

だから
「基礎体温が高めが続くな〜」
と思ったら妊娠検査薬も試してみるといいでしょうね。

でも高めと言っても0.5℃ぐらいですから38〜39℃ぐらいの高熱だと風邪かもしれませんから注意してくださいね。


>>「こんにちは、赤ちゃんへの20のヒント」





複数のFX会社を利用したい方